HSJのミッション

だれもが突然倒れた人に対して適切な処置(AED を用いた心肺蘇生法)を安全、確実に実施することがきわめて重要です。いざという時にあなたの愛する人に冷静沈着で確かな観察、処置が出来るように十分理解いただけるように心肺蘇生の普及を行う団体がハートセーバージャパン(HSJ)です。HSJは国士舘大学・国士舘大学院の救急救命士と医師を中心に救急救命の世界のプロフェッショナルから構成される心肺蘇生法普及組織です。だれにもわかりやすい救急処置の開発を通じて社会の心肺蘇生法の普及を目的としています。

ページTOPに戻る

理事長からの挨拶

皆さん、心肺蘇生法やAEDという言葉を知っていますか。あなたの愛する人が突然の心臓発作などで急に危険な状態に陥った時、まず行わなければならないのが心肺蘇生法です。今、日本には30台を超えるAEDが設置されています。しかし、このAEDをどれだけの人が正しく使えるのでしょうか?
わたしたちは1人でも多くの人にAEDを正しく使えるようになってもらいたいと思っています。
また、AEDのみならず心肺蘇生法(CPR)を正しく行えることがきわめて重要です。「命を救うこと」これは、ヒトのみに許された崇高な行為なのです。
とくに今日の日本を支えて行く若い世代の方々にはAEDを正しく使用するために心肺蘇生法を是非よんでもらいたいと思います。最善的な方法として、義務教育や学校教育に導入されるのだと考えています。HSJはそんな病院前救急医療にたずさわる人間によって作られた心肺蘇生法の一般普及団体です。どうぞ、皆さんの「愛する人」を助けるために今日からこの心肺蘇生法を学んでいただければ幸いです。

ページTOPに戻る


HSLのとりくみ

Heart Server Japan はわが国の病院前救護における一般市民の観察・処置能力の向上をはかり、心肺停止患者の救命率の向上と早期社会復帰を図ることを目的として2004年に医師・救急救命士によって立ち上げられました。現在では、この目的を達成させるために心肺蘇生法にとどまらず怪我に対する応急処置や着衣泳を通したWater Safty Programなどの学校での安全:School Safty Programの提案と実践など幅広く活動をしています。
心肺蘇生法では一人でも多くのバイスタンダーを育成する為にプロバイダーコース、インストラクターコース、PUSH(普及)コースを年間に200回以上開催しています。

ページTOPに戻る


主な活動

  1. AED・心肺蘇生法講習会の提供
    一般市民及び医療従事者向けに実施
  2. 学校向けの心肺蘇生方講習会の実施
  3. ハートセーバーインストラクターの育成
    AEDや心肺蘇生法を指導するインストラクターの育成
  4. CPR講習カード・ライセンス・終了証の発行
  5. 講演や出版物の出版、Webを用いた心肺蘇生の普及営業活動
  6. ビデオなどによるBLSe-learningツールの開業
  7. HSJライセンスの発行とNewsletterの発行
  8. Water Saftyを含むSchool Safty Programの実施

HSJ活動記録 2009

1月21日 NEXCOBLS in 新橋
2月21日 スキルアップセミナー in 熊谷
3月14日 多摩手箱
3月29日 落合サッカーBLS
4月12日 日本救助犬協会
4月18日 パラカップBLS in 天王洲アイル
4月30日 BLSイントラコース in 国士舘
5月3日 こども祭り
5月8日 西新井第一小学校BLS
5月16日 マニュライフチャリティーランデー2009
6月10日 NEXCOBLS in 大阪
6月13日 杉並区立桃井第1小学校
6月17日 多摩市保健センターBLS
6月19日 バディBLS
6月29日 武蔵野東小学校BLS
7月5日 笹川スポーツ財団BLS
7月9日 国士舘大学理工総合危機管理教育
7月10日 国士舘大学クラブ主将BLSコース
7月31日 八王子市パワーアップ研修
8月3日 多摩市教員BLS
8月20日 東京都新規採用養護教諭研修
8月29~30日 BO-SAI2009 in 豊洲
9月4日 防災・救急フェア in 秋葉原

ページTOPに戻る


HSJの構成メンバー

【理事会】

代表理事 国士舘大学体育学部 スポーツ医科学科教授 ウェルネスリサーチセンター 副センター長
医師 医学博士 田中秀治
理事会の構成 HSJの組織構成図

【理事】
理事一覧

【事務局】
国士舘大学体育学部 ウエルネスリサーチセンター内

【委員会の活動内容】
運営委員会
プロバイダー認定コースの開催、 インストラクター養成コースの開催
広報・普及啓発委員会
その他のコース、講演会、出版、Web などを通じた普及啓発活動、様々なメディアとタイアップした広報活動
資格審査委員会
HSJライセンスの発行
コースカリキュラム検討委員会
新しいコースの開発や、現行のコースカリキュラムの内容のアップデートなど

ページTOPに戻る


HSJの歴史

2004年 東京都多摩地区に心肺蘇生法を普及する団体として多摩ハートセーバーが設立される。
2006年 全国へ心肺蘇生法を普及させる為ハートセーバージャパン(HSJ)と名称を変更する。
HSJプロバイダーコース、インストラクターコースの開始
2007年

役員を一新し理事会からなる新体制に移行。
学校取組の心肺蘇生法普及のためのコースを開始する。以降年内100回を超えるSchool CPR Trainingを行なう。

2009年   公的な役割を考慮し、一般社団法人格を取得する。(10月)
一般人に向けたPUSH講習会を開始

ページTOPに戻る


HSJの社会貢献

  • HSJが心肺蘇生講習会を実施した会社
  • NEXCO東日本、西日本、中日本
  • 埼玉県歯科医師会(100周年記念事業)
  • 健康運動実践指導者
  • 笹川スポーツ財団(SSF) スポーツボランティア育成
  • ALSOK あんぜんあんしん教育
  • 日本看護協会 訪問看護国講習

ページTOPに戻る